ページの先頭です

学校案内

実習施設と一体化した教育環境で
生きた医療・福祉を学び、
主体的行動のできる看護師・介護福祉士に!

亀田医療技術専門学校は人間愛を基盤とし、広い視野をもち、
豊かな人間性と知識に裏付けられた主体的な行動ができる
助産師、看護師、介護福祉士の育成を目指しています。

亀田医療技術専門学校の歴史

亀田総合病院の近代化と
現在の礎をつくった亀田俊孝の像

当校は長い看護教育の歴史を持っています。当校の旧設置母体である鉄蕉会 亀田総合病院のルーツは、寛永の末頃より代々医業を営み現在に至っています。
看護職は医療の質の向上に欠く事ができないという信念の元に、優秀な看護職の育成(看護教育)に情熱を傾けてきました。
昭和26年(1951)に准看護婦制度が新設されたことを機に昭和29年(1954)亀田病院准看護婦学校を開校、昭和41年(1966)には民間として初めての看護師学校(2年課程)を設立。昭和54年(1979)には3年課程へと課程を変更し専修学校の認可を受けています。平成4年には多様化する社会の看護ニーズにこたえ、第1看護学科(3年課程)定員80名、第2看護学科(2年課程)定員40名、准看諸学科 定員30名と3学科を持つ全国でも有数の規模を誇る看護専門学校となりました。平成12年(2000)には、助産学科 定員20名を併設し、46年に渡った准看講師教育を廃止し、学校名を「亀田医療技術専門学校」と改称、平成17年3月には第2看護学科(2年課程)を廃止。将来の高度教育機関を見据えて、平成22年4月より、従来の医療法人鉄蕉会から学校法人鉄蕉館へ設置者を変更し、看護師、助産師教育を担ってきました。令和2年(2020)4月に介護福祉学科を開設。グローバル社会に求められる、医療・介護人材の育成を目指しています。

学科

修業年限 1学年定員 全学年数
助産学科 1年 20名 20名
看護学科 3年課程 3年 80名 240名
介護福祉学科 2年課程 2年 40名 80名
日本語学科 2年課程 2年 40名
80名
日本語学科 1.5年課程 1.5年 40名
420名

学校の特色

学校と病院が一体となった教育展開

亀田総合病院での臨地実習風景

本校の最大の特徴は、実習施設の充実です。本校の主たる実習施設である亀田メディカルセンターは、医療法人鉄蕉会亀田総合病院(入院施設)と亀田クリニック(外来)・亀田リハビリテーション病院を総称した呼称です。同じ敷地内にあるので、物理的な距離が近い(徒歩3分)のはもちろんのこと、亀田グループとして学校と病院(実習施設)が一体となった教育展開が可能となっています。
ハードと言われる看護学校の学習のうちでも特に臨地実習は、精神的、肉体的にかなり厳しいものですが、その一方、将来役立つ実力を身につける上で大切な行程でもあります。実習場所までが遠い、学校と実習場所での指導が一貫していないなどは、実習における余計なストレスの要因になります。その点、本校の環境は心おきなく学習に専念できる理想的なものと言えるでしょう。
また、専門科目の授業には専任教員と亀田メディカルセンターで第一線医療に携わる看護師・医師が講師として教壇に立ちます。教科書では追従できない現場の「今」を学ぶことができるのも、本校ならではの強みです。

卒業後の就職は亀田メディカルセンターに

亀田メディカルセンター全容
学校も実習施設も同敷地内にあります

本校の卒業生の90%は、実習施設である亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・訪問看護センター・亀田リハビリテーション病院)へ就職します。
亀田メディカルセンターはベッド数992床、センター内の亀田クリニックの1日の平均外来患者数3000人と千葉県南部の中心的病院として機能していることはもちろんのこと、最新のテクノロジー(技術)と「患者様第一主義」をポリシーに掲げた斬新な医療への取り組みが全国的に評価されている近未来型の医療施設です。
亀田メディカルセンターでは組織的、体系的な一貫した卒後教育システムにより、経験の浅い新人看護師が1日も早く看護のプロフェッショナルとなるようフォローします。数ある医療機関の中でもその充実度はトップクラスの水準です。

学ぶひとをバックアップするさまざまな制度・環境

  • やる気のある人へ広く開かれた入学門戸・・・社会人入学可、男性学生は現在2割
  • 実習病院医療法人鉄蕉会独自の奨学金制度・修学資金制度
  • 学生住宅の貸与、病院の職員食堂の利用可
  • 海外研修旅行、かめだっこ祭等、見聞を深め交流をはぐくむイベント多数

校歌

校歌に込められた理念

亀田医療技術専門学校の校歌は1960年に作成されました。作曲は須田京子さんが、そして第五期生のみなさんで作詞しました。 入学や卒業式などの儀式で斉唱され、当校の理念を象徴するものの一つとして、代々受け継がれています。
校歌は卒業後も忘れることのない大切なもの。もし、卒業後になにかにつまずいてしまったときは、心の中で口ずさんで初心に戻り元気を取り戻してくれればと思います。

校歌のレリーフ

卒業生の皆様からいただいた卒業記念品代で、2010年4月に念願の校歌レリーフを作成いたしました。アルミ鋳造品、黒を背景にシルバーの文字が浮き出ています。大きさは、縦120cm×横240cm。本校の歴史を感じさせる重厚感のあるものとなっています。
玄関正面の壁に設置しました。一目で目に付く場所です。学校にお立ち寄りの際は、ご覧になって下さい。
ありがとうございました。