ページの先頭です

キャンパスライフ

実習施設と一体化した教育環境で
生きた医療を学び、
主体的行動のできる看護師に!

亀田医療技術専門学校は人間愛を基盤とし、広い視野をもち、
豊かな人間性と知識に裏付けられた主体的な行動ができる
助産師、看護師の育成を目指しています。

プレナースの毎日

亀田で学ぶ先輩達はどのような毎日を送っているのでしょう?
看護学科に学ぶ平均的な学生の1日のサイクルと、授業の様子をご紹介します。

座学中 実習中
7:00…ゆっくり起床
★まずはボーっとしてみる
7:30…活動開始!
★洗顔・着替え・準備
★余裕があれば朝食
★ちゃんと朝食作って食べている人が多いと思う  
登校前 6:30…起床、すぐ準備
★洗顔・着替え・朝食
★寝ぼける暇もボーっとする時間もない!とにかく急げ!!
★記録をまとめて鞄へ!
8:00過ぎ…登校
~講義~
16:30…下校
授業 7:30…登校
~実習~
16:00~18:00…下校
★夕食の買い物
★バイト
★友達の家へGO!
帰宅前 ★夕食の買い物
★遊んでいる暇はない!
★夕食・お風呂・明日の準備
★予習、復習(?)
★テレビ見たり音楽聞いたり
★たまーにグループワークとかで遅くまで集まったりして大変!
00:00頃…就寝
帰宅後 ★まずは一休み
★ここで仮眠を取る人もいるかも
★夕食・お風呂
★記録開始!!
★ひたすら記録をやり遂げる!
★途中休憩を入れたりもするけれど、終わるのは平均午前0時
★実習場所によって記録の時間は異なるけど、早く終わらせても2時間はかかるし、大変な時は、夜中の2時・3時は普通
終わったらすぐ就寝

講義

座学

主に教室を利用し、90分を1限として看護師に必要な知識を学びます。
亀田総合病院の医師・看護師・助産師をはじめとし、大学や訪問看護センターなどの講師の方々から講義を受けています。

グループワーク

授業の中で取り上げた課題やテーマについて数人でグループを作り、話し合います。
グループでまとめた内容は、模造紙にまとめたり、スライドを使用したりしながら発表をします。

校内実習

座学で学んだ知識を実際に手順を追いながら練習します。看護する側だけでなく、看護される側の役も行なうことで、患者さまの気持ちや看護師に求めていることを知る機会にもなります。

看護学実習

基礎看護学実習

まず最初に見学実習、次に患者さまを受け持ち、今まで学習した知識技術を統合させ、臨床指導者や教員の指導を受けながら患者さま1人1人に適した援助方法を考えていきます。ここで経験したこと、学んだ内容は、最高学年に行なわれる講座別実習への土台となっていきます。

講座別実習

2週間1クールとして約半年に亘る大きな実習です。病院・福祉施設・市町村役場・保育所等に出向き、実践にしたがって、医療・福祉・保健の連携のあり方を学習したり、患者さま1人1人のニーズに合わせて創意工夫し、看護を展開していくことを学びます。

Voice! 先輩たちの生の声

「基礎看護学実習IIで学んだこと」

僕は基礎看護学実習IIで情報収集の大切さを学びました。
僕は、単純に観察項目をいくつか挙げ、その項目についての情報だけを見て、正常か異常かの判断をしてしまいました。それだけでは、患者さまを理解することはできず、患者さまに合ったケアプランを立てることはできませんでした。しかし、患者さまとの会話を重ねたり、疾患や発達段階を考えながら観察していくと、少しずつ患者さまがどのような方かわかってきました。そして、どのようなケアが必要なのか理解できるようになりました。患者さまを理解する為には、様々な角度から観察し、情報収集することが大切だということに気づきました。
今回学んだことを、もう一度振り返り、次回の実習へ臨みたいです。

「講座別実習を通して学んだこと」

患者さまの状態は、日々変化しているため、その変化に気付き、患者さまの状態に合わせて援助を行う大切さを知りました。また患者さまの個別性を考慮した上で関わっていくことの大切さを学びました。
そのためには、その情報を分析できるだけの知識が必要だということを改めて実感しました。患者さまとの関わりの中でコミュニケーションは、とても大切です。それはコミュニケーションを通して、いかに患者さまを知り、信頼関係を築くかの大切な手段になるからです。コミュニケーションをとる際、私は自分だけの一方的な会話で終わらないよう、患者さまの思いや気持ちを引き出すことが出来るように関わっていきました。そうすることで患者さまとうまくコミュニケーションがとれ、信頼関係を結ぶことが出来たのだと思います。今後も、患者さまの言葉1つ1つに耳を傾けて接し、患者さまに信頼される看護師を目指したいと思います。
1年を通して行われた講座別実習は本当に辛く大変なものでした。しかし、そんな厳しい実習を乗り越えられたのは、実習グループのメンバーや同じ看護師を目指す友達が傍にいたからだと思います。そんなみんなには心から感謝してます。

学校行事

亀田医療技術専門学校では、卒業式などの行事はもちろん、学校生活をより楽しく、充実したものとするため、様々なレクリエーションなどのイベントを開催しています。
人との良好な関係を築くことも、看護を行う上での大切な要素の一つです。

式典

イベント

春の交流行事
・砂の彫刻
かめだっこ祭

研修・訓練

海外研修旅行
・防災訓練

鴨川ってどんなところ?

美しい自然に恵まれた観光都市

人口3万人の小さな市だけど・・・
「房総半島の南で、冬でもお花がいっぱいだって!」
「マリンスポーツができるよ」
「隣がアメリカ!だって 目の前が太平洋だもの」
「鴨川シーワールドがあるよ。イルカやシャチのショーが有名」
「まんぼうもいるよ。鴨川市の魚なんだって」
「国際交流が盛んで国際都市鴨川っていうんだよ」
「でもなんだか遠そう・・・」
「東京にだって、特急で2時間だよ」
「そんなもんなの!」
「魚もおいしいし、野菜も新鮮でいいよね!」

目の前の太平洋に癒やされます

亀田メディカルセンターは鴨川市の中でも、まさに眼前に太平洋を臨む絶好のロケーションにあります。恵まれた自然環境は最新鋭の高度医療と共に、患者様が健康な生活を取り戻す手助けとなります。
看護を学ぶ間には、忙しい毎日に疲れたり、壁にぶつかったりすることもあるでしょう。そんな時、海を見ることで気分転換したり、癒やされたりする先輩も多いようですよ。

  • 鴨川市全容 ▼の下が亀田メディカルセンター

  1. HOME
  2. キャンパスライフ