ページの先頭です

お知らせ

2023年度入試 受験予定の皆さまへのお願い 【 新型コロナウイルス感染症対策として 】 2022/09/12

次の内容を読んだうえで、当日の受験に備えてください。

事前の準備・注意事項

体調管理

  • 試験日の1週間ほど前から、朝夕に体温測定を行うこととし、体調の変化(咳や発熱)の有無を確認してください。
  • また発熱・咳等の症状がある場合はあらかじめ医療機関での受診を行ってください。
  • 日頃から手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三密」の回避を行うとともに、バランスの取れた食事、休養、睡眠など体調管理に心がけてください。

体調不良の対応について

  • 試験日の2週間程度前から継続して発熱・咳等がある場合、必ず医療機関の受診をするようにしてください。
  • 新型コロナウイルス禍での受験となりますので、無理をせず、ご自身の体調を第一に考えて行動してください。

予防接種

  • 他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断において予防接種を受けておくことを推奨します。

無症状の濃厚接触者の方へ

濃厚接触者とは保健所より濃厚接触者に該当すると伝えられた方の他、過去2週間に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とする国・地域から日本に入国した方も含みます。

  • 次のすべての条件を満たす場合、本学入学試験を受験することが可能です。別室受験の対応をさせていただきますので、事前にお申し出ください。
  1. 1 .初期スクリーニング(自治体によるPCR検査及び検疫所における抗原定量検査)の結果、陰性であること。
  2. 2 .受験当日も無症状であること。
  3. 3 .公共の交通機関(バス、電車など)を利用せず、かつ人が密集する場所を避けて試験場に行くことができる。
  4. 4 .終日、別室で受験ができること。

試験当日の注意事項

当日、試験会場の換気のため窓の開放を行う時間帯があります。各自上着など暖かい服装をご持参ください。

体調不良について

  • 試験当日、37.5度以上の熱がある場合は受験を取りやめてください。
  • 37.5度まで熱はないものの、平熱より1度以上の熱の上昇がある場合、または発熱・咳等の症状がある場合は、受付時に申し出てください。別室対応といたします。ただし、試験2日ほど前から発熱・咳等の症状があり、医療機関を受診されていない方は、受験を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

マスク着用の義務、他者との接触・会話を控えること

  • 試験場内では、昼食時を除き、マスク(不織布)の着用を義務づけます。試験会場へはマスク着用でお越しください。
  • 疾病や障害等でマスクの着用が困難な方はお申し出ください。(不織布マスクが着用できない方も)
  • 休憩時間や昼食時等に他者との接触、会話は極力控えてください。