ページの先頭です

社会人学生インタビュー

山中 夏希

略歴

最終学歴:
清和大学短期大学部

前職:
医療法人 鉄蕉会 亀田クリニックPSR課

なぜ看護師を目指そうとしたのか

PSRとして実際の医療現場で働きながら患者様と関わる中で、感謝の言葉をいただくことや、名前を覚えてくれることがとても嬉しく思いました。医師の診察に一緒に入り、話をきいている中で病気・症状など少しずつ知識が増えていく中でもっと勉強してみたいと思いました。また患者様は様々な思いをして病院にきていることを知りました。PSR(看護補助)としても患者様と関わることはできますが、PSR(看護補助)では関わることができないことも多く、悔しく思ったこともありました。そんな時に一緒に働く先輩から看護学校に行ってみないかと誘われ、今からでも遅くないと思い、親からも応援するという言葉をもらえたので、看護師を目指すことにしました。

なぜ当校を選択したのか

仕事で亀田クリニックに勤めており、家からも近かったことが一番です。また亀田病院の医師が授業に来てくれること、実習場も近く大きい病院なので実習で様々な科に行き学べることが良いと思いました。社会人になってから勉強するのであれば短期間で資格をとりたいと思っていたので、大学ではなく専門学校を選択しました。

入学してみて気づいたこと

仕事をしていた期間は勉強から離れていたので、授業時間が長い事に驚きました。そして一緒についていくことが大変でした。
現役生とは年齢差はありましたが、看護師を目指すという同じ目標をもっているので話が合い友達もつくりやすかったと思います。また社会人の人も1割くらいいるので安心しました。行事・体育の授業などは楽しいです。また実技の練習も大変ですが仲間とコミュニケーションをとりながら行えるのでとても好きでした。

看護師は国家資格なので勉強は大変ですが、3年間絶対乗り越えるという強い気持ちが大切だと思います。また何か不安に思ったときなどに学校外でも相談できる友人がいると心強いです。

実際に看護師になってみてどうであったか

学生時代とは異なり、自分の行ったことに責任がついてきます。また技術や知識がなく、戸惑うことも多いです。そのために日々勉強の毎日です。職場環境は様々な年齢層の方がいるので慣れるまでは時間がかかりました。ですが、患者様やご家族と関わり、自分が行ったことに感謝の気持ちをいただいたときはとても嬉しいです。本当に看護師を目指してよかったと思いました。

入学を検討している人たちへのアドバイス

社会人の方が看護師を目指すには勇気がいると思います。しかし、迷っている方はぜひ一歩踏み出してほしいと思います。決して楽な道ではないですが、やりがいのある仕事であり、やってよかったと思えると思います。