ページの先頭です

社会人学生インタビュー

大曽根 愛子

略歴

最終学歴:
成田航空ビジネス専門学校卒業

前職:
(株)JR東日本パーソナルサービス

なぜ看護師を目指そうとしたのか

東京駅のインフォメーションで働いていたとき、体調が悪くなったかたがたの対応をした際、声をかけて見守ることしかできず、何もできないことにもどかしさを感じました。そして、同時期に母が心筋梗塞で入院をしたときの看護師の機敏な対応や処置を見た際に看護師を目指したいと強く感じました。
その後、看護体験に参加し、看護師は常に体力・精神力が必要な厳しい職業であることを実感するとともに、患者様が安心して気持ちよく過ごせるように看護をしていくことにやりがいを感じました。

なぜ当校を選択したのか

学校と実習施設が隣接していて、一貫した教育が行われていることに魅力を感じました。学校見学をした際には、先生と生徒の距離が近く先生の熱心さと生徒の積極的に行動している姿が印象的で、私も一緒に学んで生きたいと思いました。また、海外研修があり、他国の医療制度を学ぶことができる貴重な体験があることも魅力を感じました。

入学してみて気づいたこと

楽しいことは友人と過ごしている時です。社会人同士だけでなくさまざまな年代の友人と話して過ごす毎日はとても充実をしています。勉強・実習は大変ですが、入学したときに比べると少しずつ知識が付いてきているため成長を実感します。常に目標を持って生活していると大変なことも頑張れます。

準備しておくことが必要と思われることは、解剖生理を学習しておくとそのあとの学びが頭に入りやすいと思います。計算問題などもやっておくと良いです。心構えとしては、目標を常に持ち、なぜ看護師になりたいと思ったかを明確にすること大切です。また、健康管理は最も大切なことだと思います。

入学を検討している人たちへのアドバイス

私は看護師を目指そうと決めましたが、学校に入学した1年前であり、それまでは販売・接客と医療とは全く異なる職業でした。自分に向いているかとても不安な気持ちで一杯でした。しかし、今このような看護について勉強できる環境に感謝し、充実した楽しい日々を過ごせています。学校見学に行った際には、先生や在校生と話をしたり質問をすることで、その学校の雰囲気や環境が実感できるので良いと思います。周囲のアドバイスも参考にし、自分がなぜ看護師になりたいかを明確にしておくことが大切なことであると思います。