ページの先頭です

看護師になるためには

国家試験合格までの道のり

看護師は国家試験資格です。看護師を養成するための専門教育を受けた者に対し、看護師国家試験を受験する資格が与えられます。
この試験に合格すると、厚生労働省より看護師免許が交付され、〝看護師〟が誕生します。
受験資格を得るためには医療・福祉・保健における様々な分野のことを学ぶ必要があります。看護学校には大学・短大・専門学校があります。

看護学校で勉強すること

看護学校で学ぶこととはいったいどういう内容でしょうか?

まず授業は大きく分けて座学と実習に分けられます。座学は看護に必要な知識を教科書やテキストで学びます。
実習では座学で学んだ知識を臨床の現場で実践します。

人の命に携わる看護の仕事は専門的知識と技術はもちろんのこと、より良い人間性も求められます。学校はそのための教養を身につける場でもあります。

実際に何を学んでいるのでしょう?

基礎分野

一般教養科目と言われ、人や社会についての理解を深め、思考力を養い、主体的な行動や判断を促します。
主な科目は心理学、情報科学、人間関係論、外国語、体育など。

基礎専門分野

専門分野の基礎、つまり看護の基礎となる体の構造と働きや病気に関することを学びます。
主な科目は解剖生理学、病理学、薬理学、公衆衛生学など。

専門分野

看護に必要なより専門的な学習として、赤ちゃんからお年寄りまでの幅広い年齢層における特徴やケアの仕方を学びます。主な科目は母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学、精神看護学、在宅看護学など。

専門学校で学ぶ

実習時間が一番多いのが専門学校だといわれています。通う期間は3年間。
現場に出てすぐに活躍できるよう、カリキュラムの3分の1が実習にあてられています。専門学校の卒業生は、即戦力として現場からも期待されています。

看護師を目指す方へ

看護師を目指そうとする人、大歓迎です。ぜひ看護職の仲間になって下さい。

保健師、助産師、看護師は看護職に入ります。保健師、助産師は、看護を学んだあと勉強するシステムになっています。(大学、統合カリキュラムを採用する専門学校は除く)

当校は、看護科卒業のあとキャリアアップのための助産師養成の学科を併設しています。
看護職は現在の就職難の時代にあっても将来役立つ国家資格です。何十年もその資格で仕事につくことが可能です。(もちろん日々学習は必要)また現代の少子高齢化社会において育児、高齢者の看護等、需要は多く活動の場も病院、診療所などの医療施設だけでなく、在宅、老人施設など幅広く働く場所があります。

看護の学習は、人体の構造から病気の診断治療の援助(診療の補助)をはじめ、人々の日常生活の援助(食事、排泄、清潔、睡眠などの援助)のための科学的な援助方法を身に付ける学習を行います。約2/3は知識、1/3は実践のための学習(実習)です。

人間を相手にする仕事ですので、人が好きな人でないと出来ないお仕事です。人の信頼を得るための勉強はとても大変です。
3年で看護師になるための勉強はかなりハードなものがあります。体力、気力、知力が要求されます。

  1. HOME
  2. 入学案内
  3. 学校からのアドバイス
  4. 看護師になるためには