ページの先頭です

助産師になるためには

助産師の資格を得るために

助産師になるためには助産師の国家試験に合格することが必要ですが、助産師の試験は看護師資格を取得していないと受けることができません。
助産師になるには看護師の資格を得てから、助産師養成学校で1年以上、助産師に必要な知識を学び、臨地実習で実践的な技術を身につけると、助産師国家試験の受験資格が与えられます。

助産師学校で勉強すること

基礎助産学

助産師に必要な知識として、助産師の歴史や社会的役割、人間関係や女性の人権などを学びます。助産の基礎となるものを学び、広い視野をもった助産師になれるよう知識を深めていきます。
主な科目は助産学概論、女性の人権、人間関係論、家族社会学など。

助産診断・技術学

助産師として仕事をしていく上で必要な技術を習得します。検診の仕方や分娩の介助技術、沐浴・授乳な産褥期の指導、新生児介助の技術など、妊娠~出産~産褥期における助産活動すべてを学びます。また、性教育や知識の普及、更年期障害など、女性のライフサイクル全般に関して行われ、それに応じた助産技術も習得していきます。

地域母子保健

地域における母子保健活動や、地域行政のあり方、活動について学びます。地域における母子保健活動や、地域行政のあり方、活動について学びます。

助産管理

仕事するうえで必要な法律や、より良い業務を行うための産院や産科のあり方を学びます。

臨地実習

臨地実習では知識と技術を実際に医療機関や保健機関で展開・学習をします。
実習先は病院、周産期センター、助産所などで、妊婦検診、分娩介助、産褥介助の指導などを行います。

  1. HOME
  2. 入学案内
  3. 学校からのアドバイス
  4. 助産師になるためには