ページの先頭です

助産師の仕事

助産師の仕事とは

助産師の仕事と言えば、「出産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げること」と思っていませんか?

もちろんそれも重要ですが、助産師の仕事はそれだけではありません。
助産師は妊婦さんの健康管理や生活指導・分娩・出産、褥婦さんの体調管理、母乳指導、育児指導と、妊娠から出産、育児に至るまでの「人の誕生」に関わる一連の流れを管理、指導します。
相談に乗って話を聞き、不安を取り除いてあげるなど、安心を提供することも大切です。

または妊産婦だけでなく、産前教育を通じて〝親になること〟〝妊娠・出産すること〟の知識の普及や、家族計画の指導を行うことも役割です。
助産師とは、女性の一生と向き合い、心身の健康をサポートする仕事とも言えます。

助産師の仕事に向いている人

助産師は、子供が好きで、赤ちゃんの誕生に携わる仕事がしたいという思いだけではだめです。
助産師の仕事は〝人の誕生〟という感動的な場面ばかりとは限りません。時にはつらく悲しいことが起こる場合もあります。
人の命に真摯に向き合うことができる強い精神力が必要です。

次に体力。お産の間、助産師は緊張感に包まれます。お産が無事に終わるまで、勤務時間に関係なく出産介助を続ける必要があります。体力がなければ務まりません。
強い心と身体、そして妊産婦さんを包み込むような温かく柔らかい心が求められます。
優しく寄り添える人が向いているのではないでしょうか。