ページの先頭です

奨学金等、各種制度について

奨学金・修学資金制度(学生向け)

看護学校で学ぶためには、入学金・授業料がかかります。本校のような私立学校では公立の学校と比較すればかなり高めの費用となっています。
保護者の方々の経済的負担もかなり大きく、進学に際して二の足を踏んでしまうかも知れません。 公的または私的な機関による様々な奨学金や教育ローンがありますが、貸付条件が厳しかったり、手続きが面倒、提出書類が多いなどと手軽さという点では問題があるようです。

本校の実習施設である医療法人鉄蕉会では経済的に修学が困難な学生に対して、奨学金制度と修学資金制度という2つの制度を用意しています。2つの制度を受ける為の大きな前提条件は卒業後、医療法人鉄蕉会へ看護師としてある一定期間勤務することです。手続きも簡単で必要書類も少なくて済みます。

これらの制度は医療法人鉄蕉会への就職を保証するものではありません。

医療法人鉄蕉会 奨学金制度

  • 亀田医療技術専門学校を卒業後、亀田総合病院をはじめとする医療法人鉄蕉会が指定する医療機関(以下「指定病院」という)に、看護師として勤務できる方を対象としています。対象は看護学科のみで、助産学科は対象外です。
  • 貸与金額は月額45,000円で、貸与期間は1年間を単位とし、最長3年間の範囲内で選択することができます。
  • 看護師として指定病院に採用され、返還免除勤務期間を経過したときは返還が免除されます。

医療法人鉄蕉会 修学資金制度

  • 亀田医療技術専門学校を卒業後、指定病院に看護師として勤務できる方を対象としています。
  • 貸付金額は月額60,000円で、貸付期間は1年間を単位とし、最長3年間(看護学科から助産学科に進学の場合は最長4年間)の範囲内で選択することができます。
  • 奨学金と違い、返還免除はありません。返還期間、返還月額は、返還が貸付を受けた期間の2倍の期間内で終了するようにご自身で設定していただき、就職後支払われる給与から毎月返還していただきます。

その他本校にて利用できる公的貸付金制度

千葉県 修学資金制度

(月額)18,000円
千葉県内の病院に5年以上就職で返済免除。各学校毎に貸与を受けられる人数は決まっており、その数も毎年変わります。
毎年4月に募集の告知がされ、学校を通じて申込みを行います。

日本学生支援機構の奨学金制度

新規採用については毎年人数の変動がありますが募集人数は僅かです。
日本学生支援機構の奨学金制度(予約進学を含む)についての詳細は日本学生支援機構のホームページ等又は高校の担当教員におたずね下さい。

上記については、変更される場合がありますので詳細は入学後の説明会にて確認して下さい。
また、奨学金、修学金については返済免除があるか返還方法はどうなのかをよく調べて、借りるようにしましょう。

あくまで、こういった貸付金制度は修学費用を補助することが目的です。修学にかかる全ての費用をこのような制度にたよることは、何かあった場合に大変危険です。また、貸付を受けた学生は、勉強に力を入れ決して留年などしないようにしていただきたいと思います。

専門実践教育訓練給付金制度(社会人向け)

社会人の方へ。あなたのキャリアアップを国が支援

専門実践教育訓練給付金制度とは

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者だった離職者が、厚生労働大臣の指定を受けた専門実践教育訓練講座を自己負担で受講し修了した場合、教育訓練にかかった経費(入学金や授業料など)の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられるという制度です。

対象学科

看護学科

給付金の対象者

次の1または2のいずれかに該当する方

  1. 1 .初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  2. 2 .以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上の雇用保険被保険者期間を有している方(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません)。

専門実践教育訓練についての詳細はハローワークにお問い合わせください。

本校では教育訓練給付金の受給資格は確認できません。ハローワークでの確認が必要です。
受講前のハローワークでの手続きは、受講開始日(入学日)の1か月前までに行う必要がありますのでご注意ください。

奨学金・修学資金Q&A

申込

Q 申込みをすれば必ず奨学金や修学資金を受けられますか?
A 奨学金は、入学試験あるいは在学中の評価で選考し貸与しますので、必ず貸与されるとは約束できません。修学資金は、奨学金と違い原則として申込まれた方全員に貸付します。
Q 奨学金や修学資金の申込み時に収入等の制限がありますか?また他の団体の奨学金や修学資金を受けていますが、申込みできますか?
A 収入等の制限は特に設けていません。また原則として他の団体の奨学金や修学資金との重複貸与や貸付の規制はしていません。内容を十分検討した上で、計画的に利用されることをお勧めします。
Q 「奨学金貸与願」、「修学資金貸付願」を提出しましたが、辞退したいのですが?
A 「奨学金貸与契約書」や「修学資金貸付契約書」を提出していなければ、辞退の手続きは不要です。
Q 期の途中に奨学金や修学資金を受けることは可能でしょうか?
A 奨学金、修学資金の申請は所定期日までとなっていますが、特別の事情があると認める場合は期の途中でも受け付けています。

連帯保証人

Q 連帯保証人2名は両親で構いませんか?
A 連帯保証人2名はそれぞれ独立して生計を営む方とされています。1名は父母のいずれか、もう1名は別世帯の方としてください。
Q 連帯保証人を別に暮らす祖父(祖母)にお願いしようと思いますが?
A 奨学金の貸与期間、返還免除期間または修学資金の貸付期間、返還期間を通算するとかなりの期間になります。原則として契約締結時に65歳以上の方を連帯保証人にすることはご遠慮ください。連帯保証人については、「奨学金のてびき」「修学資金のてびき」に記載がありますので参照してください。
Q 『連帯保証人は本人と連帯して返還の責任を負う』とはどういうことですか?
A 奨学金や修学資金を受けた本人と同等の返還の責任があるということです。そのため返還すべき金額がある場合、本人の返還状況によっては連帯保証人から先に請求することもあります。
Q 連帯保証人の変更をしたいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A 「(奨学金・修学資金)連帯保証人(変更・転居)届」を提出してください。その際、新連帯保証人の印鑑登録証明書を必ず添付してください。
Q 外国在住者を連帯保証人にしてもいいですか?
A 連帯保証人は日本国内に住んでいる方から選定してください。

振込

Q 奨学金や修学資金はどのように支給されますか?
A 毎月25日(25日が休日の場合は翌日、土曜日の場合は前日)に指定口座に振込みます。
Q 振込先銀行の指定はありますか?
A 特にありません。振込先が千葉興業銀行鴨川支店の場合は振込手数料がかかりません。振込先が千葉興業銀行鴨川支店以外は、振込手数料を差し引いて振込みます。なお、亀田メディカルセンター敷地内に千葉興業銀行のATMがあります。また、千葉興業銀行鴨川支店を振込口座としてご希望の方向けに、入学後、学校において口座作成を行う機会を設ける予定です。
Q 振込口座は、奨学金や修学資金を受ける本人名義以外の口座でもいいのでしょうか?
A 特に本人名義の口座に限定していません。
Q 奨学金と修学資金との併用を希望していますが、振込口座は別々でもいいですか?
A 振込口座は別々でも構いません。
Q 振込口座を変更したいのですが、どうしたらいいですか?
A 「(奨学金・修学資金)振込先変更届」を提出してください。
Q 奨学金や修学資金の振込みについては、毎月通知があるのですか?
A 通知はありません。毎月の振込みが確実に行われているか、通帳に記帳して確認してください。もし、不明な点が生じたときは問い合わせてください。

奨学金の返還(返還免除)

Q 返還免除勤務期間を勤務せずに退職した場合はどうなりますか?
A 貸与を受けた奨学金の全額に利息を加算した額を、「奨学金返還請求書」に基づいて返還していただきます。
Q 『返還免除勤務期間の勤務期間算定は1年単位とし、月単位の端数は切り捨てる。』とはどういうことですか?
A 返還免除勤務期間の単位は年であり、月は算定されないということです。たとえば、奨学金を3年間貸与されていた場合、指定病院(【その他】Q1参照)に3年以上勤務すれば返還は免除されます。3年に満たず勤続2年10ヶ月で退職したときは返還免除とはならず、貸与された奨学金の全額とその利息を合わせた金額を返還していただくことになります。
Q 奨学金貸与を受けた本人が万が一死亡した場合、返還はどうなるのでしょうか?
A 貸与された奨学金及び利息の返還は免除されます。

修学資金の返還

Q 返還免除勤務期間はないのでしょうか?
A 奨学金と違い修学資金には返還免除はありません。したがって勤務期間によって返還金額に差が生じることはありません。
Q 返還はどのようにして行われるのですか?
A 毎月支払われる給与からの天引きとなります。返還期間、返還月額は、返還が貸付を受けた期間の2倍の期間内で終了するようにご自身で設定していただきます。指定病院への就職前に鉄蕉会人事課よりご案内します。
Q 1度決めた返還期間、返還月額を変更することはできますか?
A 変更は可能です。ただし、Q2で回答した、貸付を受けた期間の2倍の期間内で返還が終了することが条件です。変更希望の場合は、鉄蕉会人事課へ連絡してください。返還期間と返還月額については、余裕のある返還ができるように設定してください。
Q 貸付金に利息はつかないのですか?
A 貸付金を約定通り返還した場合、又は繰り上げにより全額を一括返還した場合、それまでの利息は全額免除されます。
Q 返還期間を勤務せずに退職した場合はどうなりますか?
A それまでに貸付を受けた修学資金の全額から返還した額を引いた残りの額と、それにかかる利息の合計額を、「修学資金返還請求書」に基づいて返還していただきます。

その他

Q 指定病院とは何ですか? また、それを選ぶことはできますか?
A 原則として亀田メディカルセンター(亀田総合病院・亀田クリニック・亀田リハビリテーション病院)となります。鉄蕉会が指定しますので、自分で選ぶことはできません。
Q 入学時に複数年の奨学金・修学資金を契約していますが、毎年「(奨学金・修学資金)継続願」を出さなければならないのでしょうか?
A 毎年1回、継続希望の意志確認をさせていただきます。「(奨学金・修学資金)継続願」には継続の願い出についての連帯保証人の承諾欄があり、連帯保証人にも毎年1回確認をしていただくこととしています。なお、継続を希望しない場合は、これに代わって「(奨学金・修学資金)停止届」を提出してください。
  1. HOME
  2. 入学案内
  3. 奨学金等、各種制度について