ページの先頭です

助産学科:オープンキャンパスレポート

2017/9/6

8月5日、将来助産師を目指す高校生をはじめ現在看護師として働く方々が参加しての体験見学会が行われました。

はじめに助産師の仕事と授業内容などについて説明が行われると、その内容を熱心に聞き入っていました。

続いて在校生の分娩介助演習を見ていただきました。在校生が入学してから学んだことを妊婦、助産師役となり説明しながら赤ちゃんを取り上げる様子を実践します。見ている方々はその熱演と赤ちゃんの誕生に感動していた様子。

体験の時間では在校生にポイントを聞きながら赤ちゃんを沐浴、妊婦さんの格好を体験してもらいました。赤ちゃん人形を抱きながら、「可愛い。赤ちゃん大好きなんです。だから助産師に興味があります」という高校生の方や、妊婦さんの擬似体験をし「こんなに大変だって知りませんでした。体験してみてわかることってたくさんありますね」と話す方など、体験を通して色々と感じていただけたようです。

その後は職員、在校生とランチタイムです。先の体験の時から打ち解けた様子で、昼食をとりながら授業のこと、実習のことなど様々な質問をしていました。

最後に学校と実習病院を見学。病院では産科病棟を中心に回り、新生児が並んでいる場所では、皆さんお顔が優しくなっていました。また、病室内で出産ができるLDRという部屋を訪問し、設備の充実さに驚いているようでした。

今回のオープンキャンパスで助産学科や実習施設等の魅力を知っていただけたと思います。また暑い中、多くの方に足を運んでいただきありがとうございました。ぜひ今後、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

助産学科:体験見学会 2015

詳細を見る
  1. HOME
  2. キャンパスライフ
  3. オープンキャンパス レポート
  4. 助産学科:オープンキャンパスレポート