ページの先頭です

助産学科:体験見学会 2015

助産学科を詳しく知ってもらおうと行っている体験見学会。今年度も全国各地から社会人や大学生、専門学校生に高校生の方々が参加して開催されました。

カリキュラム説明&実習病院見学

はじめに助産師とはどういうものか、助産師になるためにはどのようなことを学ぶのかなど、カリキュラムや授業の様子を写真を多用して紹介。その後、実習病院である亀田メディカルセンターを見学しました。その際、小児科や産婦人科、病室などを回り、新生児室の前では赤ちゃんを見て「かわいい~」とメロメロに、病室ではそのまま分娩台になるベッドに「すごい!」と感嘆していました。

ランチタイム

病院見学の後はランチタイム。参加者と教員、在校生が一緒になってご飯を食べました。「学校の雰囲気は?」「授業は大変?」「毎日どのように過ごす?」などなど、参加者の皆さんは気になることを聞くチャンスとばかりに、学生たちを質問攻め。聞きたいことが聞け、様々な話もできたと、とてもいい交流の時間になったようです。

施設見学

その後は校内を見学し、実技体験へと移りました。はじめに在校生が分娩介助を実演。参加者は迫真の演技に引き込まれたようで、無事赤ちゃんが取り出されると、拍手を送り、感動した様子でした。

技術体験

また、妊婦体験や赤ちゃんの沐浴、腹部の触診などの体験の時間もあり、恐る恐る赤ちゃんを抱っこし、体を洗う高校生、新たな発見をした方など様々でしたが、皆さん笑顔で行っていました。

今回の体験見学会で参加者の方々は在校生の〝生の声〟が聞くことができ、満足していただけたようです。「ここで学びたい」とのご意見も頂戴し、開催して良かった~と思える一日となりました。みなさん暑い中お疲れ様でした。